ピロリ菌はどんな細菌なの?

ピロリ菌はどんな細菌なの?

ピロリ菌とは、胃に住みついている細菌の事で、胃の出口である幽門(ピロルス)から見つかったことが名前の由来です。
ピロリ菌は1983年に発見されたのですが、胃の中は強い酸性のため細菌が住みつくことはない、と思われていたため発見されるのに時間がかかりました。
なぜ酸性の中でも生きていけるのかというと、ウレアーゼと呼ばれる酵素を吐き出すことで、胃粘液の成分をアンモニアと二酸化炭素に分解します。
この分解したアンモニアを身に纏う事で、胃酸を中和して生き続けることが出来るのです。
しかし、ピロリ菌が発生させるウレアーゼなどの毒素は、胃粘膜に障害をもたらしてしまいます。
これこそが、この細菌の一番の問題点で、胃の病気の原因になってしまいます。
具体的には、「胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を誘発」、「胃ガン発症率が20倍以上に跳ね上がる」、「胃MALTリンパ腫などの病気に罹りやすくなる」といった影響を人体に与えます。
ピロリ菌の保菌者は世界中に居ますが、特に多いのは発展途上国で、先進国は少ない傾向にあります。
しかし、日本人の保菌率は50%以上といわれております。
中でも、50歳以上の保菌率は70%以上で、戦後の衛生状態が悪い中で育ったことが原因とされています。

ピロリ菌と引き起こされる病気とは

ピロリ菌とは人の胃の中に生息する細菌で、細長いらせん状の形をしていて片方の端っこに何本かのとても細い糸状の細胞小器官を持っている5マイクロメートル以下くらいの大きさの細菌です。
ピロリ菌は人の胃に住み着いて、胃に色々な不調を起こさせてしまうことがあります。
ピロリ菌は主に、飲み水や食べ物から感染し幼児期は感受性が強く観戦しやすいとされています。
感染しているかどうかは血液検査や内視鏡検査などで判断することができます。
一度感染してしまうと、自然に消滅するということはほとんどありません。
胃に住みついて胃粘膜を傷つけ胃に炎症を起こさせるので、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、悪性リンパ腫のひとつである胃MALTリンパ腫、胃がんなどと言った病気を引き起こす原因となることがあります。
感染してしまったからと言ってすべての人が胃の病気を引き起こすということではないのですが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こした人の多くがピロリ菌の感染によって発症し、除菌を行うことで治癒していることが多いのです。
この除菌とは抗生物質と遺産を抑える薬を投与して行うのが一般的な方法です。
除菌には胃潰瘍の改善や再発の抑制、胃がんの発生の抑制などと言ったメリットがあります。

サプリをもっとよく知る

ピロリ菌除菌・対策サプリメントランキング

ピロリ菌を撃退

健康や美容に効果があると今話題の「マヌカハニー」

マヌカハニー

アルギニンサプリメントをあらゆる角度から徹底比較検証

精力剤